新宿区のマンションは売却するコツとは

良い時期を見極めて売り出し始めましょう

一戸建てに住み替えたい、転勤が決まった、相続したけれども住む人がいないなどの理由でマンション売却を考える人もいるでしょう。
中には住宅ローンが払えない、離婚するためなどの理由で売ることを考えている人も多く見られます。
マンションを購入する時の情報は非常に多く見られますが、売るための情報はあまり世の中に出回っていません。
もしも新宿区のマンションを売却するのであれば、基本的な流れとしては、まずは査定から始まります。
不動産会社が、いくらぐらいで売れるのかを調べてくれます。
次に媒介契約を結びます。
これは不動産会社に売却活動をお任せする契約です。
そして売り出しが開始となります。
インターネットやチラシなどを使って買い手を探します。
購入希望者がいた場合には、実際に室内に見に来る内覧が行われます。

★★★店舗物件★★★
神楽坂で洋食居抜き物件が出ました。1-3階38坪で賃料は150万円、造作譲渡費は850万円です。
新宿区神楽坂3丁目 
物件番号 180828-13https://t.co/wUI3UjDKTb
造作譲渡、店舗売却はご相談ください。 pic.twitter.com/54Sx1kybDP

— 叶屋不動産@店舗_神保町 (@itayakanoya) 2018年8月29日
いくらであれば購入したいという申し出と交渉が入ります。
買い手と正式に契約を結び、手付金を受け取れば、売買契約が完了します。
残りの金額をもらって部屋を明け渡します。
翌年の3月ごろには税金の納付や還付のために確定申告の必要があります。
また1月から3月、9月から11月は、相場よりも高く売れる可能性が高まります。
売るタイミングを自分で調整できるのであれば、良い時期を見極めて売り出しを開始するようにしましょう。

良い時期を見極めて売り出し始めましょう : 一番大切な事は不動産業者に任せすぎない事 : 不動産業者の査定価格には注意しましょう